時不知でいこう

一口馬主の話を中心に、日々の出来事・思った事を背伸びせずそのままに綴ります。

更なる高みへ

今日は伝統の一戦、天皇賞・春が京都競馬場で行われました。

勝ったのはキタサンブラック

あれだけ速いラップを刻んで尚且つラスト3ハロン(600m)も35秒3でまとめるとは、本当に強い馬にしかできないことだと思います。

 

前走も中距離2000mのGⅠ大阪杯を快勝しており、いよいよ完成の域に入ったような気がします。

この先というか、今年の残りをどのように過ごすのか。競馬ファンとしてはとても興味深いですね。

 

2,3着のシュヴァルグランとサトノダイヤモンドも負けて強しの内容でしたが、現時点での充実度から考えるとキタサンが頭一つ抜けた印象も否めません。

ブレずに自分のレースに徹することができる。それがキタサンブラックの最大の強みですね。

GⅠ連戦の疲れが出ないことを祈ります。

 

馬券も堅かったですが、しっかり勝ちました。キタサンありがとう!