時不知でいこう

一口馬主の話を中心に、日々の出来事・思った事を背伸びせずそのままに綴ります。

WIN5どうでしょう2結果

いきなり終了のWIN0だったのでサラッといきます(笑)。

 

2017.6.25(日)WIN5結果

f:id:tokishirazu:20170918182200j:image 

WIN①ハズレ

東京10R・清里特別[ダ1400m]16頭
指数で3,4,6,8,10,11,16が候補。4,11,16で勝負。

荒れることを期待して人気馬を消したのが裏目に。10は休み明けも関係なく直線早めに抜け出して強い勝ち方。追い上げた16の3着が精一杯で出鼻を挫かれ屈辱のWIN0確定

WIN②的中
阪神10R・花のみちS[ダ1200m]13頭
2,3,5,6,8,12,13が候補。2,8で勝負。

先行集団が速めのペースで進む中、落ち着いて中団にいた8が最終コーナーで外から捲りバテた前の馬達を交わす。同じようにして抜け出した13との直線の叩き合いを制して優勝

WIN③ハズレ
函館11R・UHB杯[芝1200m]15頭
2,6,8,9,10,13,15が候補。6,8,13で勝負。

ここは堅めのレースと思ったが、逃げて持ち味を活かした9が優勝。13,6が直線猛追も既に大勢は決しており、仲良く3,4着まで。9は12番人気も指数では候補に上がっていて、自分の読みが甘かったと反省。

WIN④ハズレ
東京11R・パラダイスS[芝1400m]9頭
1,3,5,6,9が候補。5のみで勝負。

レースは2が気持ちよく逃げて淀みのないマイペースに持ち込む。各馬が3,4コーナーから前に向かって殺到するも、直線に入って余力十分の2がそのまま押し切って優勝。5は正攻法の差し競馬に徹したが位置取りが若干後ろだったか、先頭を交わすまではいかず2着

WIN⑤ハズレ
阪神11R・宝塚記念[芝2200m]11頭
2,5,6,8,10,11が候補。10のみで勝負。

10が正直ここまで負けるとは思わなかったが、レース中もどこか集中力を欠くような走りだった。ペースもこの馬向きではなかったように思うし、もしかしたら外めを走るのは苦手なのかも。不可解な惨敗の9着。堀厩舎の絶妙な仕上げはもちろんのこと、気候や馬場も味方につけた11が優勝。

 

GⅠということで宝塚記念だけは別で単勝も買っていましたが、そちらは10ではなく2でした。結果はご存知の通り2着でハズレ。

2兎を追う者は1兎をも得ず。

今年はそんな宝塚記念になりました。

夏競馬は大人しくWIN5だけに集中しようと思います。