時不知でいこう

東京23区東部住まい。妻と2歳男子の3人家族。あ、インコもいました。 一口馬主(競馬)の話を中心に、日々の出来事、思った事を背伸びせずそのままに綴ります。

これはもう、一口価格のK点越えやぁ〜!

今日、キャロットクラブから8月度の請求書と共に、2017年度募集確定馬一覧表が届きました。

 

「いよいよ、この時期がやって来たか!」という気持ちです。

 

「どぉれ、今年度のメンツは如何程のものかのぉ」と高みの見物気取りで一覧表を見ると…

 

 

「ぬなぁっ!!」

 

 

じゃなかった!

 

 

「なぬぅぅぅうっ!!!」

f:id:tokishirazu:20170817095635j:image画像提供元:写真AC

い、いちおくよんしぇんまんえんのおウマしゃんがおりゅ…。

 

 

しかも2頭も。

 

 

今までキャロットCが募集馬に最高の評価を与える場合は毎年1億2000万円と決まっていたのに(勝手に決めつけていただけ)…これは新たな時代の幕開けと捉えるべきなのでしょうか。

それに付随してか、今年度は牡馬の募集価格が全体的に上昇している気もします。

 

これは懐具合が思わしくない自分にとって厳しい展開になってきたのかもしれませんね。(昨年度、一口30万円のヴェルテアシャフトを妻から借金してまで出資し、現在も鋭意返済中の身)

 

ただ、評価額と馬の競走能力が必ずしも一致しないのが競馬の難しくも面白いところ。

安くても良い馬はいるはずです。(本当に一頭もいなかったらどうしよう…)

そんな馬を探し出せるように、今年度も募集馬カタログと動画を眼精疲労で視力が低下するくらいじっくり見てやろうと思っています。