時不知でいこう

東京23区東部住まい。妻と2歳男子の3人家族。あ、インコもいました。 一口馬主(競馬)の話を中心に、日々の出来事、思った事を背伸びせずそのままに綴ります。

余計なお世話2017-キャロットC関東(前編)-

自分も会員だからでしょうか、だいぶ肩に力が入っているのがわかります。
画像提供元:写真AC

今回はノーザンファーム系400口クラブの“キャロットクラブ”に焦点を当て、2017年度募集の中から注目馬を紹介していきます。
クラブの名前はほのぼのとして可愛いけど侮ってはいけませんよ

まずは関東(前編)です。前編は募集全馬の歩様と馬体及び測尺の評価をしています。

 

キャロットC関東全馬評価

※左から募集番号、母馬名、歩様の評価、馬体&測尺の評価(◎◯▲△の4段階評価で◯以上が個人的に出資したいと思えるレベルです)

1レーヴディマン▲◯
2リッチダンサー◯◎
3オリジナルスピンⅡ▲▲
4クルソラ◯▲
5ディアデラノビア◎◯
6グレースランド▲△
7アディクティド▲▲
8ヒルダズパッション▲▲
9ビキニブロンド▲▲
10フレンチバレリーナ▲▲
11ラドラーダ▲◯
12ミスティックリップス▲◯
13スカーレットベル◯◯
14コンカラン▲◯
15カメリアローズ◯◯
16アウトオブタイム▲▲
17スルーレート▲△
18キュー▲◯
19ケイティーズジェム▲◯
20マイティースルー◯▲
21エルミラドール◯▲
22プリンセスカメリア▲▲
23リビングデイライツ▲△
24フラゴリーネ▲▲
25クライフォージョイ▲▲
26ユールフェスト△▲
27ピースエンブレム◯▲
28フォルテピアノ◯▲
29ドルチェリモーネ△▲
30ティフィン△▲
31ヴァイスハイト▲△
32ピューリティー△▲
33フェルミオン▲△
34チアズメッセージ▲▲
35ホールロッタラヴ▲▲
36ネオイリュージョン▲▲
37カラベルラティーナ◯▲
38プロミネント▲△
39ライツェント△▲
40シーザシー△▲
41ポロンナルワ△▲



カタログ(PDF)を最初に見た時「あれれ、今年は良い馬あんまりいないかも」と思いました。

(現状で)バランスの悪い馬が多いし、その割に価格が高いし、これがハズレの年ってやつなのか…そんな気分で動画を見始めたのですが、余計な心配だったかもしれません。

 

やっぱり良い馬はちゃんといるのです。

それが自分の眼で見てわかるようになってきただけでも、この趣味を続けてきて良かったと言えます。

 

素人に毛の生えた程度の知識と経験しか持ち合わせていない男のちっぽけな相馬眼です。

もちろん気に入った馬が100%活躍するわけはありませんし、逆に低評価の馬が未勝利で終わるとも思っていません。

けれども勉強と実体験での成功と失敗を日々積み重ねながら、毎年この時期にその集大成となる募集馬への出資を繰り返すようになって「1年前の自分ならこの馬に出資したいと思っていたけど、今はこの部分が気になるから出資するまでには至らないんだ」と、昔の自分と今の自分の考えの違いがわかった瞬間に「あ、また少し成長したのかな」と、嬉しくなるのです。

そんな実感が得られるから一口馬主を楽しく続けていられるのだと思っています。

後はその成長が徐々にでも結果に出てくれると嬉しいのですが、何せ答えが出るまでに数年かかってしまうのが一口馬主の歯痒いところです。

「まぁ、気長にやりましょう」ということですね。

関東(後編)に続きます。