時不知でいこう

東京23区東部住まい。妻と2歳男子の3人家族。あ、インコもいました。 一口馬主(競馬)の話を中心に、日々の出来事、思った事を背伸びせずそのままに綴ります。

月間1000PVの御礼と北海道旅行を振り返る

久々のブログです。

 

先月28日から今月1日までの北海道旅行で子供が体調を崩してしまったこと、妻のご両親と行動を共にしていることもあり、スマホを見る時間は殆どなく、ブログが不定期更新になってしまいました。

 

そんな中でも☆を下さる方、読者の方のブログは一つ一つ、楽しく読ませていただいておりますし、ここへ立ち寄って下さった方にはいつも感謝の言葉しかありません。

励まされると同時に心が温まります。

 

お陰様で…

 

先月はこのブログを始めてから初の月間1000PVを達成しました。

f:id:tokishirazu:20170905220232j:image

 

PV数を意識してブログをやっているわけではないし、周りの方からすれば驚くような数字でもないのでしょうが、少しずつでも読んでくれる人が増えているのが目に見えてわかるのは素直に嬉しいです。

 

間違いなく、はてなブログは今の私の生活に無くてはならないものとなっているので、大半の方のお顔は存じ上げませんが、お互いに日々健康で楽しく過ごせるようにと心の中で願っております。

 

ただ、どうしてもうまくいかない日だってあると思います。

 

私なんて最近うまくいかないというか、事件だらけの日ばかりです。

 

北海道旅行は正にそんな日のオンパレードでした。

 

元々は趣味である一口馬主クラブの募集馬見学ツアーを軸に旅の計画を立てたため、旅行前の脳内は、馬の顔を撫でたり、脚の筋肉をプニプニ突いたり、鼻息をかけられたり、手を舐められたりしに行くことが8割くらいを占めていたのですが、いざ蓋を開けてみると、馬のウの字も出てこない旅になってしまいました。

 

せっかくなので、ここからは日別で数少ない写真と共に北海道旅行の出来事を振り返ってみたいと思います。

 

北海道旅行2017での出来事

 

8/28(月)

  • 昼過ぎ、羽田空港から釧路空港へ向かう飛行機内で子供が39℃の高熱を出す
  • 釧路空港に着いてレンタカーでまず向かった先は小児科医院。検査の結果、ウイルス性の病ではなかったものの、食欲減退、脱水の恐れがあるため1時間半ほど時間をかけて点滴を打つことになり、途中の厚岸で牡蠣を食べる予定は中止。
  • 一泊目の霧多布の宿に大幅に遅れてチェックイン。多大なるご迷惑をかける。

 

8/29(火) 

  • 朝6時過ぎにJアラートと町の防災放送で起床する。海岸沿いの宿だったため最初は地震の津波と勘違いして相当焦る。(ミサイルはミサイルで結構近くに落ちていた)

f:id:tokishirazu:20170904214449j:image

  • 霧多布岬やアゼチの岬、霧多布湿原観光を満喫する予定だったがその日に限って道東は何故かいい感じの強い雨。霧多布湿原センターで雨があがるのを待ったが、一向に止む気配はなく再び昼食を予定していた釧路へ。

f:id:tokishirazu:20170904214653j:image

  • 釧路の“喰処・鮭番屋”で早めの昼食。ほっと一息ついて、阿寒湖に向かう予定だったが、子供が嘔吐してしまい再び熱も上がってきたため、初日にお世話になった小児科医院へ再訪。

f:id:tokishirazu:20170904214722j:image

  • 子供は再び点滴をしてもらうことに。医師に今後の旅程を伝えると「何でそんな秘境ばっかり行くの!」と怒られドクターストップを告げられる。
  • 新たに釧路のホテルを宿泊予約して、既に予約していた宿を一旦全てキャンセルする。(直前なのでキャンセル代はもちろんかかる)
  • 予定通りなら夜は旅館の部屋食だったが現実はコンビニ弁当

 

8/30(水)

  • 朝食はカップラーメンやカップ焼きそば。ホテルの窓から見える釧路の港が目に沁みた。
  • 子供は鼻水や痰がうまく出せず、依然として息苦しそうだったので耳鼻科医院へ行き、吸引してもらう。体調は徐々に善くなってきていたが、大事をとって釧路に連泊することに決める。この時点で翌日の募集馬見学ツアーは諦めがついた。
  • 昼食は回転寿司“まつりや”、夜はファミレス“ココス”。自分が旅行者なのか釧路市民なのかよくわからなくなってくる。

 

8/31(木)

  • 子供の熱が下がり、食欲も少し出てきたので小児科医院へ3度目の検診。常連っぽい扱いをされる中、ようやく釧路から移動することを許される。釧路の港に別れを告げる。

f:id:tokishirazu:20170905164523j:image

  • 翌日に橋の見学ツアーを予定していてこれだけは絶対に行きたかったので、無理のないように近くの糠平温泉の宿を当日予約する。釧路を出発する前に再び“まつりや”で寿司を食べる。1,000円引きのスタンプカードが埋まったのだが、この店に次回来るのはいつなのだろう
  • 待ちに待った移動で開放的な気分になっていたのか、道中、警察に速度超過で捕まり(人生初)、再びテンションが底辺まで下がる

 

9/1(金)

  • ホテルで朝食を摂り、タウシュベツ橋梁見学ツアーに参加。最終日にして初めて観光旅行の気分を味わうことに成功。ここは本当に行ってよかった。

f:id:tokishirazu:20170905203208j:image

  • 安全運転で時間に余裕を持って帯広空港に到着。空港内で昼食、土産購入を済ませて羽田空港へ。北海道は涼しかったが東京もそんなに変わらなかった。

 

旅を振り返ってみて

 

タイミングもかなり悪かったのですが、子供には少し辛い思いをさせてしまいました。

結果的にはまだ長めの旅行は早かったのかもしれません。

じいじとばあばも孫の様子を相当心配していましたが、最終日は子供もかなり体調が善くなって、ツアーは全員で満喫できました。

 

本当にざっと振り返るだけになりましたが、部分的にもう少し詳しく書いてもいいところもあるので、そこはまた後日まとめて載せようと思います。