時不知でいこう

東京23区東部住まい。妻と2歳男子の3人家族。あ、インコもいました。 一口馬主(競馬)の話を中心に、日々の出来事、思った事を背伸びせずそのままに綴ります。

出資申込完了!(キャロットC2017)

ブログの更新ペースがだいぶ落ちてしまいました。

ここから取り戻さねば!

 

今回は自分が入会している一口馬主クラブである“キャロットクラブ”の2017年度一歳馬募集において、一次申込が何とか完了したよ〜というお話です。

 

最後まで悩みに悩みました 

ネットでの申込締切は9/7(木)の17:30。

自分が申込完了したのが当日の17:28(笑)。

どうにかギリギリ間に合いました…。

 

募集馬に関する資料が届くタイミングとじいじ&ばあばが来ていた時期が丁度重なったり、北海道旅行、友人の結婚式等プライベートの予定も多かったので、出資する馬を選ぶのに費やした時間は今までで一番少なかったと思います

 

そんな中で、申し込んだ馬達がコチラ。

f:id:tokishirazu:20170909164942j:image

全部で10頭。

評価総額は3億3,600万円!

とは言ってもどなたもピンと来ませんよね。

一口価格を合計すると84万円です。

 

はい、これ全馬出資することになったら自分のお財布は相当大変なことになります。積立とか解約しないとまずいレベルです。

 

でもご安心下さい。

 

 

一般枠は殆ど弾かれますので。

 

 

 

いや、下手したら最優先も弾かれますので。

 

それがキャロットクラブの人気の凄さ…というか恐ろしいところなのです。

 

可愛いのはクラブ名だけ

1頭当たり400口の権利を我が物にしようという猛者共がごまんとおり、ひとたび募集開始の号砲が鳴れば大半の馬が二次募集を待たず満口になります。

 

ここ数年のキャロット人気は本当に過熱していて、抽選の末に最優先の馬を取れなかった人には翌年度の最優先が更に取りやすくなるように“前年度最優先落選(通称:バツ1)”という実績が付くのですが、このところの会員急増で2年連続最優先落選、つまりバツ2の人も出てきており、遂に昨年度はバツ3の人まで現れたとか現れてないとか…という状況にまでなっているのです。(クラブのルールで最上級の救済はバツ2までのようなのですが、バツ3の人は流石に今年度は最優先当選させてあげたいですよね)

 

そんな私も昨年度はバツ2持ちで、一口30万円の高額馬“ヒルダズパッションの15=ヴェルテアシャフトを最優先に指名し、クラブ史上でも稀なバツ2抽選(ただの最優先はもちろん、バツ1でも落選、バツ2内抽選で400口を分かつ。そこでダメだった人がバツ3になってしまった)を運良く切り抜け出資することができた一人です。

 

そんなわけで今年度の自分の実績は“前年度最優先当選”でリセットされた状態。最も弱い最優先実績ということです。

バツなしの最優先ですから、それはもう…人気馬に申し込もうものなら抽選の土俵にすら立てないわけです。

 

票読みの難しさと本音

では今回、最優先申込に指名した“ブライダルソングの16”の人気はというと一次募集締切前の最終中間発表(9/6夕方)の時点で、

総申込は566口、最優先申込が181口。

この口数は前年比約44%の申込でのものなのであくまでも目安にしかなりません。参考にはなるけれど、全くアテにならない数字とも言えます。

何とも微妙というか、最優先内抽選は避けられない状況でしょうね。自分と同じ、バツなし最優先の方が多いことを願うのみです(笑)。

仮にダメだったとしても「よっしゃ!来年はバツ1や!」と喜べるくらいの心持ちがこのクラブの会員には最低でも必要です。

 

それでも、本当に一番欲しかったのはリッチダンサーの16なのですが、中間発表の時点で総申込576口、最優先申込394口でしたから…ただバツ1を貰いに行くよりは勝負できそうな馬を指名した形です。

そのリッチダンサーの16を取れないとわかっていながら一般枠に入れた理由は、単純に「欲しい馬」だからです。

自分がこの年にどの馬を指名したのかを明らかにするため。それが9割です。

残りの1割は万が一を信じて(笑)。

有り得ないことだとは思いますが、大量にキャンセルが出るかもしれません。そんな時に「申し込んでおけばよかった」と後悔したくないし、「責任持って私は買います!」と言える立場でいたいのです。

 

他にもディアデラノビア、スカーレットベル、ピースエンブレム、ハルーワソング辺りは一般申込だと取れなさそうな中間結果です。

運が良ければ申し込んだ半分の5頭くらいには出資できると思うのですが、果たしてどうなるでしょうか?

恐らく相当甘い考えですよ。

それがキャロットクラブってやつです。

 

まずは9/13(水)に抽選対象になる馬の発表、そして9/15(金)にいよいよ結果通知であります。

 

もちろん、妻には報告済みです!

(呆れ顔だったので奇跡的に半分以上取れてしまったら、それはそれで問題が発生しそうです)

 

色んな意味でドキドキであります。