時不知でいこう

東京23区東部住まい。妻と2歳男子の3人家族。あ、インコもいました。 一口馬主(競馬)の話を中心に、日々の出来事、思った事を背伸びせずそのままに綴ります。

余計なお世話2017-キャロットC関西&地方(前編)-

キャロットクラブは第1次募集が終わり、募集馬全85頭の内、既に60頭が満口になりました。

最優先希望馬への出資が叶わなかった方々がこの後1.5次募集で残口のある馬達へ出資することを加味すると、更に10数頭がそこで満口になり、2次(随時)募集に残るのは10頭前後ではないかと予想されます。

改めてキャロットクラブの人気の高さを思い知されているところです。


画像提供元:写真AC

 

マイペースですみません。今回は関西&地方(前編)です。前編は募集全馬の歩様と馬体及び測尺の評価をしています。

 

キャロットC関西&地方全馬評価

※左から募集番号、母馬名、歩様の評価、馬体&測尺の評価(◎◯▲△の4段階評価で◯以上が個人的に出資したいと思えるレベルです)

 

【関西】

42スカイディーバ▲◯
43チェリーコレクト▲▲
44ココシュニック◯▲
45ジュモー▲◯
46ハープスター▲▲
47アビラ▲▲
48アナアメリカーナ▲▲
49ピュアブリーゼ▲▲
50マルティンスターク△▲
51ヴィートマルシェ▲◯
52シーザリオ▲◯
53スペシャルグルーヴ▲▲
54シードオブハピネス△▲
55マハービスタ▲△
56アブソルートリー▲◯
57モンプティクール△▲
58フェアリーバニヤン△▲
59ヒカルアモーレ△▲
60グレイトフィーヴァー▲▲
61アマルフィターナ◯△
62ディアマイベイビー▲△
63サンドミエシュ▲△
64ブライダルソング◎◯
65イストワール▲▲
66アヴェンチュラ▲▲
67ラフォルジュルネ▲▲
68ハルーワソング◯◯
69クーデンビーチ▲▲
70ブロードピーク▲△
71ヴェラブランカ△▲
72ヴィアンローズ◯▲
73バイラオーラ▲◯
74カニョット▲▲
75スサーナトウショウ◯▲
76アドマイヤレッド▲▲
77プルーフオブラヴ▲◯
78ローズノーブル▲▲
79ピンクアリエス▲▲
80ダブルゴールド▲▲
81クリソプレーズ◯▲

 

【地方】

82ササファイヤー◯◯
83デルフィニウム△▲
84エポキシ▲▲
85グルーヴィクイーン▲▲

 

 

あくまで個人的な意見ですが、今年度募集の中で一口10万円(総額4,000万円)を超える比較的高額な馬達はあまり目立たなかったように感じました。(中には「コレだ!」という馬ももちろんいましたが)

 

そんなイメージを強烈に印象付けたのは、やはり関東と関西に1頭ずつ配された一口35万円(総額1億4,000万円)の両馬の存在が大きいのでしょう。

f:id:tokishirazu:20170921142236j:image

f:id:tokishirazu:20170921142240j:image

馬体はどちらもその価格に見合った素晴らしいものだと思います。

 

問題は歩様です。

硬いのです。

 

擬音で表現すると11.ラドラーダは「チョボチョボ」、52.シーザリオは「ドスドス」が一番しっくり来ます。

これで本当に躍動感のある走りができるのかと少し心配になりますが、それも現時点での(私の中だけの)話です。

稽古が始まれば体も解れてくるかもしれませんし、そんな些細なことを気にする必要のないくらい他の能力がずば抜けているのかもしれません。

 

たぶんカタログの撮影日は元気がなかったんだなっ…フンッ」とか、そもそも「募集時の動画なんて何の参考にもならんわ!やめやめ!」と今の自分の考えを後々覆してくれるような活躍を両馬には期待していますし、「だからこそ」のこの評価額であってほしいと願っています。

 

こんな感じで、出資していない馬に対してドキドキできるのも一口馬主の魅力の一つですね。

 

関西(後編)に続きます。