時不知でいこう

東京23区東部住まい。妻と2歳男子の3人家族。あ、インコもいました。 一口馬主(競馬)の話を中心に、日々の出来事、思った事を背伸びせずそのままに綴ります。

ディライトラッシュは道中のトラブルにもめげず頑張りましたが悔しい結果になりました…先週の出走結果

入着のチャンスは十分あったと思うのですが、後手に回ってしまいました。

f:id:tokishirazu:20171121094213j:image画像提供元:写真AC

 

出資馬先週の出走結果

 

  • ディライトラッシュ@堀井厩舎

11/19(日)福島6R3歳上500万下[ダート1700m若手]は6着でした。

着順だけで見れば悪くない結果ですが、内容には不満が残りました。

外枠だったためスタート後は上手く追っつけて前目に行けたと思いましたが、気づけば蓋をされて身動きが取れず、向正面で中団後ろまで位置を下げてしまいます。そして4コーナーでトラブルが発生します。

f:id:tokishirazu:20171121103201j:image画面中央左、桃色帽14番がディライトラッシュ。その少し前に内ラチを走る白帽1番の馬。

 

f:id:tokishirazu:20171121103459j:image4コーナーも終盤、各馬スパートをかけ始めるところで、前に進路がないと判断したのか白帽1番の馬が外に追い出す。

 

f:id:tokishirazu:20171121103904j:image予想以上に強引な進路取りだったようでディライトラッシュは一旦ブレーキをかけざるを得ない。

 

f:id:tokishirazu:20171121104217j:image白帽1番の馬はその後も外に膨れ青帽7番と緑帽11番の馬にも悪影響を与えてしまう。直線に入り、前の開いたディライトラッシュは再度加速するも時すでに遅し。

 

あわや事故に巻き込まれるかと思いましたが、無事にゴールできたのはよかったです。(白帽1番の騎手は9日間の騎乗停止処分)

ただ、鞍上のレース後コメントに「もっと前で競馬したかった」とあったので「その通りだよ!」と突っ込みを入れたくもなりました。

スタートがまずまずだったので一瞬気が抜けてしまったようにも感じました。折角の軽斤量だったので前半からもっと攻めの姿勢でいけば3,4番手で直線勝負もできたかもしれません。こちらからすると今回の鞍上の判断はスタート以外、全てが一呼吸遅かったように見えました。若手を北村宏司騎手と比べるのはかわいそうですが、瞬時の判断が勝敗を分ける騎手の世界ですから、次走を任せるならやっぱり北村騎手…になってしまいますね。

兎に角事故にならなくてよかったと思います。


ディライトラッシュ、お疲れさま!怪我や反動がないことを祈ります。