時不知でいこう

東京23区東部住まい。妻と2歳男子の3人家族。あ、インコもいました。 一口馬主(競馬)の話を中心に、日々の出来事、思った事を背伸びせずそのままに綴ります。

希望と絶望の両方を土日で味わえました。先週の出走結果

先週土曜日はこの先が楽しみになる結果でしたが、日曜日は…うーん、厳しかったです。

尚、先週のWIN5予想&結果コーナーは子供と昼寝をぶちかましてしまったためお休みさせていただきました。ご了承願えますか?して下さい。
f:id:tokishirazu:20171203165602j:image画像提供元:写真AC

 

出資馬先週の出走結果

※掲載写真は(株)キャロットクラブから許可をいただいて転載しております。

 

  • ヴェルテアシャフト@池江厩舎

12/2(土)阪神5Rメイクデビュー阪神[芝2000m]を見事優勝しました。
f:id:tokishirazu:20171203172635j:image

「強い」の一言です。

ゲートをポンと出て、他に行く馬がいないと見るやデムーロ騎手は抑えることなく先頭を走らせます。行く馬がいなかったと言うよりはメンバーの中でスピードが抜けていて飛び出してしまったという感じでした。

特に序盤は「ここドコ?」と周りを気にしながらヴェルテアシャフトも走っていましたが、残り800m辺りからは後続も差を詰めてきたのを感じ取ったのか、少しやる気を出した様子。ただここでも手応えは調教と変わらないような感覚だったのでしょう。2,3番手の馬が4コーナーで目一杯追ってもなかなか差は詰まりません。

直線に入ってステッキにしっかり反応すると1段ギアが上がり、残り200mを切って2番手との差が十分開いたことを確認したデムーロ騎手は追うのをやめてそのまま先頭でゴールしました。

f:id:tokishirazu:20171204202727j:image

まだ幼い部分が多々ありますし、結果的には逃げて勝ったことが次走以降でどのように影響するかわかりませんが、レース後のデムーロ騎手が「最後までかなり余裕があった」とコメントしているように相当な実力を隠し持っていることは間違いなさそうです。

最後の200m弱を流しながら上がり3Fもメンバー最速(34.6秒)でしたし、しっかりと追っていたら一体どこまで伸びていたのかちょっとワクワクしてしまいます。

そんな楽しみはこの先に取っておくとして…まずは初戦をしっかり勝ってくれたヴェルテアシャフトに感謝です。お疲れさま!

そして関係者の皆さん、本当におめでとうございます。来年が楽しみですね。

 

  • レオパルディナ@高橋康厩舎

12/3(日)中京10R鳥羽特別[芝1400m]は16着でした。

これまでの経験が全く活かされないレースに正直閉口です。

馬は全く悪くありません。本当に彼女のことを考えてレースに臨んでいるのなら、毎回同じように先行して粘り込む作戦が向いていないことは百も承知のはずです。

いつ頃からか(個人的には阪神JFが原因だと思っています)、後ろから馬が来ると怯むようになってしまった彼女の性格を無視しているとしか思えません。

これでは「こんな競馬を続けさせるくらいなら今すぐ引退を」と掲示板で書かれてしまうのも無理はありませんよ。改善も挑戦もしないレースに出ることはリスクでしかないからです。

一口馬主で最初に出資した馬なので納得した形で引退を迎えてほしいのですが、私とこの厩舎とは円満にいかないかもしれません…。